神戸〜明石間のちょっとした穴場?の塩屋で灯台を観る

投稿日:

海と山が近い街、塩屋

神戸から明石へ向かう途中、須磨を過ぎたところに塩屋があります。

JR塩屋で電車を降りるのは初めてです。

塩屋については、SNSでシェアされてきたグレアムさんの神戸日記 | マガジンハウスで初めて知りました。。(30年近く兵庫県南部に住んでいるのに・・・)

グレアムさんのホームページもかわいいイラストが掲載されていて楽しいです。

そんな塩屋にも灯台があるようなので寄ってみることに。

JR塩屋駅を出て、すぐの歩道橋を渡ります。

2号線は横断歩道がちょっと離れているので、ここから渡りましょう。

信号がなく、東からも西からも結構なスピードで車がくるので道路を渡るのは止めた方がいいですよ。

DSC00889

横断歩道を渡ると塩屋漁港に着きます。(5分以内)

加工場?の屋根は綺麗なオレンジ色です。

いつも電車の車窓から見えていたオレンジの屋根の建物が並んでいたのが塩屋漁港だったということに驚きつつ・・・灯台を目指します。(まさに「灯台下暗し」ですね)

DSC00894

漁に使うブイが大量に積まれていました。(どういう状態なんだろう?)

DSC00895

漁港の奥へ進むと見えてきました。 (3674.6) 播磨塩屋港南防波堤灯台です。

フェンスが設置されているので接近はできません。付近に灯台への「いたずらは犯罪」という旨の看板があったので、過去に何かあったのかな?テトラポッド沿いに行けば近寄れそうでしたが、やめておきましょう。

ちなみにこの写真はフェンスからレンズを出して撮っているので、実際にはこの手前にもう1枚フェンスが設置されていますよ。

DSC00900

カラフルな漁船達の向こうに見えるのが塩屋の山手です。

こうして見ると塩屋は海と山が本当に近いことが分かります。

DSC00904

漁船には「海神社」の旗が掲げられていました。

いい天気でよかった。と思いつつ、明石へ打ち合わせに向かいました。

DSC00901

今度は塩屋の山手にも行ってみよう。

関連する灯台の情報